レビトラジェネリック

MENU

レビトラジェネリックの通販

 

レビトラジェネリックは医師の処方箋がないとしても、合法的に購入することができます。インターネット通販も多く利用されています。

 

医療機関で診察を受けた場合ですと、診察代と処方箋代の両方がかかることになり、インターネット通販と比較すると費用が高くなるということで、通販を利用する方が増加している要因にもなっています。

 

ただ、通院による手間などをなくすことができるという反面、個人輸入というかたちでレビトラジェネリックを使用する場合にはすべてが自己責任となります。

 

通販を利用するにあたっては、信用することのできる販売元選びが必須となります。加えて、オリジナルの薬品成分に似せたコピー商品というものもあるため、購入する場合には注意しなければなりません。

 

レビトラのジェネリックにはバリフがあります。

 

バリフが個人輸入代行を利用するとレビトラの価格よりもはるかに安価で入手できます。そのため、個人輸入代行を利用してバリフを購入する方がたくさんいます。また、実際にバリフを使っている方の口コミ体験を読んでみると、なかなかの評判です。

 

レビトラのジェネリックのバリフは薬代を節約したい方にとっては、非常に助かる医薬品と言えます。ただし、個人輸入代行を利用する際は自己責任となりますので、信頼できる業者を利用することが大切です。

 

       写真はバリフです。

バリフ

 

バリフ(バルデナフィル)20mg

 

レビトラとは

 

レビトラは、血液の流れを良くして勃起不全を助ける作用を持つ薬品です。ドイツとイギリスの共同によって開発されたものであり、日本では2004年6月に厚生労働省によって承認され、販売が開始されました。

 

同じ勃起不全の治療薬であるバイアグラと比較すると、レビトラはおよそ8時間から10時間というより長い効果の持続が期待されます。また、食後であっても効果は変わりませんし、長期にわたって服用したとしても安定した効果が得られるというところも特徴となっています。

 

通常は性行為を予定している1時間前に服用し、1日に2錠以上は服用しないようにされています。ただ、十分な効果がないというときには、20mgまでであれば服用することができます。

 

レビトラジェネリックのバリフの効果

 

レビトラジェネリックのバリフの効果は、先発医薬品であるレビトラとまったく変わらないものとなっています。有効成分や品質が同等であれば、効き目も同じです。

 

レビトラの有効成分であるバルデナフィルが含まれているため、EDの治療に高い効果が期待されるということになります。

 

レビトラジェネリックは、製品によってはオリジナルより優れている場合もあれば、バルデナフィルが検出されなかったというものもあるため、注意して購入する必要があります。

安いからといって海外で販売されているレビトラジェネリックを安易に購入せず、成分や品質を確認して同等なものを購入することが大切です。

 

レビトラとバリフの価格

 

レビトラはED治療薬ですが、保険適用外であるためにかかる費用が自己負担となります。

病院で処方してもらうと、診療費や医薬品代の合計で毎回、およそ1万円以上がかってしまいます。薬の価格は病院や販売業者で自由に決めることができるものであるため、レビトラには決まった価格がないのです。

 

バイエル薬品から発売されている20mgのレビトラは、1錠が2,000円程度というように決められているようです。

 

レビトラを安く買うためには、ジェネリックであるバリフを購入するという方法があります。バリフは30錠が3000円程度ですから、1錠あたりが100円程度となり、非常に安く買うことができます。

 

ただ、日本にいながらレビトラのジェネリックを入手するためには、通販サイトなどの個人輸入に頼るしかないという現状にあります。

ED治療薬 ジェネリック