漢方 精力剤

MENU

漢方を主成分とする精力剤

 

サプリメントや健康食品でよく精力剤として活用されている成分には、古くから活用されているアリシン・アホエン・セレンなどニンニクに含まれている成分や、近年ではマカなどが精力増強のために活用されています。

 

食材で精力剤として活用されているものには、すっぽんやマムシ、さそりなどがメジャーなものとして知られています。

 

これらの成分は用途によって使い分けられており、病気や完全に精力が減退しているという場合でなければ、タウリン・アリシン・アホエン・セレン・マカなどの成分摂取で、高い効果を発揮することができるとされています。

 

精力剤の効果について

 

性ホルモンを主成分とするものは男性ホルモンに、勃起機能改善成分は中枢神経に作用するので、性的な興奮が無くても固い勃起状態を一定期間中保ちます。すなわち、強制的に勃起の能力を引き出すことから「強精剤」とも呼ばれています。

 

ただしこれらの主成分は劇薬指定のものもありますので、薬剤師のいる薬局でしか購入できませんし、服用には注意をはらわなければなりません。

 

一方、漢方の場合は、「強壮剤」とも呼ばれ、勃起に必要な栄養を体に送り、その作用で勃起に活力を与えます。言わば、勃起を起こすための栄養剤です。自然のものなので体にとってはリスクの少ないものですが、漢方は長い期間飲み続けることが必須です。

 

行為の時だけでなく、普段から服用していなければ効果はなかなか現れません。

ED治療薬 ジェネリック