性ホルモンと漢方薬

MENU

精力剤とは 性ホルモンと漢方薬

 

強精剤は、サプリメント・健康食品・清涼飲料水などの食品等の内服するタイプと塗り薬があります。

 

塗り薬の場合性器に直接塗ることにより勃起の硬さを維持し早漏を防止したりします。 内服薬ではホルモンを主成分とした薬品の他に勃起機能改善成分や漢方薬があります。

 

性ホルモンは性機能の中で性欲をかき立てて、勃起や射精、快感などの現象に直接働き、性行為には欠くことのできない物質です。 性ホルモンは人の成長や老化の過程で盛衰があり、これが性機能の異常と密接な関係があることが分かっています。勃起障害や早漏などの性機能障害だけではなく、男子更年期障害の症状も改善します。

 

勃起機能改善成分は性器の充血を昂進させる作用を持ち、中枢神経を刺激して興奮状態にさせるだけではなく、血管を拡張してペニスへの血液の流入を促進し、勃起力や射精力を高めてくれます。

 

一方、漢方薬は身体に必要な栄養素や身体の機能をより高める成分を多く含み、体内の男性ホルモンを生成する力を助けます。そして身体の組織や器官全体の基本的な働きを支え、自然治癒力を助けてより活力を高めます。

 

性ホルモンを主成分とする精力剤

 

性ホルモン系の精力剤にはアンドロゲン、エストロゲン、テストステロンなどのステロイドホルモン製剤に一部に、性器の発達を促す作用と性欲増進に効果があります。

 

テストステロンに関しては、米国ではうつ病の治療などでも活用されています。

 

勃起機能改善成分を主成分とするもの

 

勃起機能改善成分としてはバイアグラが有名ですが、精力剤の場合にはヨヒンビンやストリキニーネが使われます。

 

ストリキニーネは射精中枢も刺激するので、遅漏にも効果があります。ヨヒンビンは有機化合物の1つであり、交感神経を遮断することにより勃起に導く作用があります。

 

中枢神経を刺激して興奮状態にさせるだけではなく、血管を拡張してペニスへの血液の流入を促進し、勃起力や射精力を高めてくれます。

ED治療薬 ジェネリック