EDを治す方法

MENU

ためらいがちになるED治療

 

このように、EDを治す方法は確実に存在します。 しかし、デリケートな問題なだけに、病院での受診を躊躇する人も少なくありません。

 

実際のところ、EDに悩む日本人は約1,130万人と推定されていますが、そのうち、バイアグラなどのED治療薬を使っているのは、わずか1割ほどに過ぎず、米国に比べると使用率2~3割となっています。

 

これは、本人にEDの自覚が無かったり、日本が性に関してオープンになれないお国柄であることから、ED治療に対する偏見や恥ずかしさが先行してしまい、治療に至らないことも原因にあります。

 

しかし、EDは生活習慣病の一つであり、中でも症状が出やすい病気です。

 

ED治療薬というのはもともとは心臓病の薬として開発され、EDにも効果があることから、広く使用されるようになったきました。 EDを治療することは近い将来発症する動脈硬化性疾患を予防することにもつながります。 薬自体もそのことを示しています。

 

この際、EDを性の病気としてではなく、動脈硬化性疾患の予兆としてとらえることで、受診もしやすくなります。 この事実を知ったならば、もう、ED治療を恥ずかしがらなくてもいいのです。

 

ED治療というのは生活習慣病の一つとも言われ、血管に疾患を患った結果起こる症状でもあります。

 

そのため、ED治療薬を一度利用したからと言って完治するものではなく、心臓病の薬などと同様、徐々に症状を改善していきます。そのため、薬とも長く付き合うことも視野に入れなければなりません。

 

そうした時に、主成分も効果もオリジナルと変わらないジェネリック医薬品を選択することが、費用対効果の面からみても一番良い方法といえます。

ED治療薬 ジェネリック