タダリス

MENU

タダリスSX、メガリスの通販の注意点

 

メガリスやタダリスSXは国内での特許権が切れていないことから個人輸入、つまり輸入代行業者を利用することでしか購入できません。 人目を気にせず、低コストで購入できる個人輸入はユーザーにとって大変魅力的ですが、そこにはデメリットも存在します。

 

医療機関で処方されるシアリスとは異なり、輸入代行で購入するメガリスやタダリスSXは偽物である危険性があるのです。

 

個人輸入で売られているメガリスやタダリスSXには偽物が存在する言われています。

 

メガリスやタダリスSXはそもそもが低価格であるため、バイアグラ等の偽物と比較しても利益が得られないと考えられますが、人気商品であることは偽物の可能性を秘める理由となります。

 

個人輸入と言えばインターネット上のショップが主流ですので、便利さ故に正規品に似せただけのいわゆるコピー商品が横行している現状があります。

 

中には明らかに偽物と疑われるものもありますが、精巧に作られているコピー商品も多く、本物と偽物を並べてじっくりと比較しなければ、その見分けがつきません。

 

また、輸入代行の通販の場合、万一偽物を掴まされることがあっても返品ができないのも大きなデメリットです。 直接の契約当事者は消費者と海外の事業者となるため、輸入代行業者に対してはクーリングオフの主張ができないシステムとなっています。

 

医師から処方された薬や国内で市販されている薬であれば、適切に使用した上で生じた重篤な副作用については「医薬品副作用被害救済制度」が適用され治療費等が保障されます。

 

ですが、個人輸入はこうした保証についても一切対象外となりますので、何か起きても全ては自己負担となります。 ですので、輸入代行を利用する際には、偽物を掴まされることのないよう注意を払わなくてはなりません。

 

タダリスSX、メガリスの偽物の危険性

 

偽物の薬品の多くに共通するのが次のような内容です。

 

『本来含有するはずの有効成分が含まれていない』
『有効成分の割合が少ない、または多い』
『本来含有するはずの有効成分とは異なる成分が含まれている』

 

製造されている場所が不衛生であったり、いい加減な含有量や本来なら含まれているはずのない成分の混入などにより、健康被害の出る実例も挙げられています。

ED治療薬 ジェネリック