レビトラの偽物の危険性

MENU

レビトラの偽物の危険性

 

偽物の薬品の多くに共通するのが次のような内容です。
『本来含有するはずの有効成分が含まれていない』
『有効成分の割合が少ない、または多い』
『本来含有するはずの有効成分とは異なる成分が含まれている』

 

製造されている場所が不衛生であったり、いい加減な含有量や本来なら含まれているはずのない成分の混入などにより、健康被害の出る実例も挙げられています。

 

レビトラの偽物の見分け方

 

偽物を見分けるためには、まず判断基準を知っておくことが大切です。 それでも完璧とは言えませんが、何も知らないよりは偽物の購入や使用を防ぐことができます。 レビトラを選ぶ際は、次に挙げるような点に注意してみましょう。

 

パッケージ

 

パッケージに成分名が明確に記入されていなかったり、印刷の鮮明さや紙質が異なる場合は、偽物であると言えます。 ただし、輸入品の場合は外国語表記となるため、見分けるのは難しいかもしれません。

 

内容量

 

レビトラの正規品はボトルでの販売がほとんどとなります。 このため、バラ売りで販売されているのものには要注意です。 またレビトラの場合、10錠包装は製品化されていませんのでこの点も注意しましょう。

 

成分の含有量

 

現在製品化されているレビトラは5mg、10mg、20mの3種類です。 レビトラの100mg錠は製品化されていませんので、含有量が異なる場合は偽物である可能性が高くなります。

 

錠剤の形状

 

精巧に作られているため見極めるのは困難ですが、錠剤の色味が若干違ったり、プリントされている文字が薄い・濃いといった差がある場合には偽物と言えるでしょう。

 

安心して利用できる輸入代行を選ぶ

 

レビトラの偽物と本物を見分ける方法は幾つかあるものの、現実的には正規品と偽物を入手した上で比較しないと、その違いについてはよく理解できない面があります。

 

見た目だけでは見分けが付きにくい分、インターネット上に掲載されている情報だけでは全てを把握することはできません。 だからこそ、レビトラを安心して購入できる、確かな輸入代行業者を選ぶことが重要になります。

 

個人輸入の輸入代行業者は沢山存在していますので、中でも次のようなポイントを抑えて利用ショップを選択してみてください。
『会社の実績と信頼性』
『クレジット決済可能』

 

また、実際に対面することのない通販であるだけに、問合せに対する対応がしっかりしているかどうかも大きなポイントのひとつとして抑えておきましょう。

ED治療薬 ジェネリック