レビトラ通販の注意点

MENU

レビトラ通販の注意点

 

レビトラは医療機関以外でも個人輸入、つまり輸入代行業者を利用することで購入が可能です。

 

また、レビトラジェネリックであるバリフは国内での特許権が切れていないことから、海外製品 、つまり個人輸入を利用することでしか購入できません。 人目を気にせず、低コストでレビトラやバリフを購入できる個人輸入はユーザーにとって大変魅力的ですが、そこには罠も仕掛けられています。

 

医療機関で処方されるレビトラとは異なり、輸入代行で購入するレビトラは偽物である可能性を秘めているのです。 個人輸入で売られているレビトラは、そのほとんどが偽物とも言われています。 バリフといったバイアグラジェネリックの場合は、元々の価格がレビトラよりも低価格であるために偽物の流通は少ないと言われていますが、人気商品だけに偽物を掴まされる可能性は大いにあります。

 

個人輸入と言えばインターネット上のショップが有名ですが、便利さ故に正規品に似せただけのいわゆるコピー商品が横行しているのです。 コピー商品は本当に精巧に作られているため、本物と偽物を並べてじっくりと比較しなければ、その見分けがつかないと言われています。

 

また、輸入代行の通販の場合、万一偽物を掴まされることがあっても返品ができないのも大きなデメリットです。 直接の契約当事者は消費者と海外の事業者となるため、輸入代行業者に対してはクーリングオフの主張ができないシステムとなっています。

 

医師から処方された薬や国内で市販されている薬であれば、適切に使用した上で生じた重篤な副作用については「医薬品副作用被害救済制度」が適用され治療費等が保障されます。

 

ですが、個人輸入はこうした保証についても一切対象外となりますので、何か起きても全ては自己負担となります。 ですので、輸入代行を利用する際には、偽物を掴まされることのないよう注意を払わなくてはなりません。

 

 

ED治療薬 ジェネリック