レビトラの価格

MENU

レビトラの価格

 

病院での処方

 

日本国内においてED(勃起不全)治療は、健康保険適用外の自由診療です。 その分、保険証の提示も求められませんので、素性を知られずに治療を受けることができます。

 

一般的に病院で処方してもらう平均的なレビトラの薬代は以下の通りです。

 

1錠あたり1,500円~2,000円
病院の場合初診療や再診料がかかりますが、競合が多い地域などの場合診療代は無料となるケースも多く、簡単な問診だけで処方されるようです。 ただし自由診療の場合、診察報酬や薬代は医療機関によって差が生じます。

 

個人輸入代行での購入

 

個人輸入代行業者などを利用して購入する場合は、医療機関のように初診料や検査料がかかることもないためコストを抑えることができます。 また、レビトラの価格自体は医療機関と大差はありません。

 

個人輸入の場合も業者により価格は様々ですが、平均的な金額次の通りです。

 

1錠あたり1,500円~2,000円
1錠当たりの値段はバイアグラと比べても少し安い程度ですが、レビトラの方が効果が高いため、例えばレビトラ10mgがバイアグラ50mgと同等の効果となります。

 

このため、レビトラ20mgを購入し、ピルカッターで半分にして使用すれば価格負担も半分に抑えられます。 また、個人輸入代行業界では偽物が出回っていることも問題視されていますので、購入の際は信頼できる実績のあるショップを利用することをお勧めします。

 

レビトラの効果の持続時間

 

レビトラの効果時間というのは、5時間から10時間程度だといわれています。
この時間の開きというのは服用する種類の違いが大きく関係しています。

 

現在、日本で服用が可能なレビトラには5mgだけでなく10mgと20mgがります。
10mgか20mgの2つが主に使用されていますので、このどちらを服用するのかを考えておくようにしましょう。

 

一般的に10mgであれば5時間程度効果が持続しますが、20mgであれば10時間程度効果が持続します。
もちろん服用する人の体質や肉体的コンディションによっても効果は大きく左右されてしまうのですが、平均的にはこの程度になると考えてよいでしょう。

 

またレビトラは食事による薬剤効果の変化等を起こしにくいのです。
これはレビトラ最大の特徴です。

 

ただし、空腹時と満腹時とでは効果が出始めるまでに若干ですが差が出るようです。
空腹時の方が効果が早く出ます。

 

胃に内容物がなければそれだけ薬はどんどん吸収されてしまいますので、効果が出るまでに時間がかからないのです。
つまり、レビトラ本来の即効性を期待するのであれば、やはり空腹時に服用するようにした方が良いでしょう。

 

なかなか効果が出ずに、重要なタイミングで勃起しない、というのは困りますからね。

ED治療薬 ジェネリック