レビトラ

MENU

レビトラのメリット

レビトラは、2003年にドイツのバイエルヘルスケア社から発売され、国内でもバイアグラに次ぐ二番目のED治療薬として厚生労働省の承認を受け、2004年6月販売されました。レビトラの語源はラテン語にあり、その意味は『男の生命』です。

 

副作用も少なく、糖尿病や脊椎損傷、うつ病によるEDにも有効性が認められています。 体内への吸収が速やかなため食事の影響を受けにくく、効果発現まで15分~20分程度と即効性があります。 勃起の持続時間は20mgの場合で最大8時間程度となっています。

 

レビトラの効果

レビトラは、バイアグラのデメリットを改良したED治療薬になります。国内の実験においても80%近い有効率が出ており、バイアグラが効かなかった人に処方されるED薬として高評価を受けています。 レビトラの主成分はバルデナフィルです。

 

バルデナフィルには、バイアグラの主成分・クエン酸ディルデナフィルと同様に、海綿体への血流を増加させる働きがあります。 また、勃起持続化学物質を分解してしまう酵素PDE5を阻害することで、勃起を持続させる効果も持ち合わせています。

 

レビトラはバイアグラよりも効果が高く、例えるならバイアグラ50mgがレビトラ10mgと同程度となります。 勃起の持続時間は最大8時間程度、服用から15分~20分と短時間で作用します。

 

バイアグラ同様、性的興奮や刺激を受けて初めて効果がでるため、必要な時にだけ服用する薬となります。

 

レビトラのデメリット

 

レビトラは、バイアグラと比較しても併用が禁忌とされている薬が多く、硝酸剤だけでなく、抗不整脈薬や抗真菌薬、降圧薬なども禁忌薬となっています。

 

バイアグラ同様にEDの根本的な治療薬にはならず、その効果にも当然個人差が生じます。 副作用が起こる可能性もあり、顔のほてり、目の充血、頭痛、鼻づまりなどの症状が主に挙げられます。 他、人工透析の必要な腎不全等持病のある方の場合、服用が禁じられます。

 

レビトラとバイアグラ

レビトラは、バイアグラに比べると即効性と持続性が優れています。
しかし効果としてはバイアグラのほうが高いといえます。
そのため、レビトラがあってもバイアグラの人気を支えることができているのです。

 

レビトラはやはり即効性を期待する人におすすめです。
個人差や空腹状態にもよるのですが、服用してから15分から30分で効果を得ることができます。
即効性と持続力を求める人におすすめで、ベッドインの数分前に飲んだとしてもしっかりと効果を得ることができるというのは魅力的ですよね。

 

バイアグラの場合には服用してから1時間程度は何の変化もありませんので、使いにくさがあるのです。
その効果は10mg錠であれば4時間、20mg錠であれば8時間程度だと言われています。

 

もちろん個人差はありますが種類によって持続力もコントロールすることができるというのは魅力的ですよね。
でも、何時間もの間勃起状態が続く、というものではありません。

 

性的刺激があった時にのみ勃起しますので、暴れ馬のようにコントロールすることができないというものではありませんよ。
一般的な勃起のように、性的刺激があってはじめて勃起しますので、いつまでも勃起状態が続くわけではありませんよ。

ED治療薬 ジェネリック