バイアグラの偽物の見分け方

MENU

バイアグラの偽物の見分け方

偽物を見分けるためには、まず判断基準を知っておくことが大切です。

 

それでも完璧とは言えませんが、何も知らないよりは偽物の購入や使用を防ぐことができます。 バイアグラを選ぶ際は、次に挙げるような点に注意してみましょう。

 

パッケージ

 

バイアグラのオリジナル製造元である米ファイザー本社は、新型ボトルを導入したり、新旧ボトルのすべてにICチップを利用した承認タグ(RFID)を添付する等して、偽造品対策を行っています。

 

この承認タグは薄いフィルム上になっており、ラベルの裏側に張り付けられています。 ラベルを剥がした際に承認タグが無いようであれば、そのバイアグラは明らかに偽物ということになります。

 

但し、巧妙な偽造品である場合、このタグと同じ外観のフィルムを張り付けていることもあります。 見た目がそっくりで区別ができない場合、パッケージから偽物を判断することは難しいと言えます。

 

また偽物は、ラベルのロゴが擦れ気味であったり、取扱説明書の紙質が異なることもありますが、本物と比較ができなければその違いに気付くのはやはり難しいでしょう。

 

内容量

 

バイアグラは、30錠・20錠・15錠・10錠・5錠・3錠の内容量で販売されています。 偽物を取り扱うサイトでは30錠の販売がない傾向があります。 しかも、30錠の取り扱いは無い旨の表記もありません。

 

ですので、30錠を取り扱っていないサイトの場合は、偽物を取り扱っている可能性が非常に高いと考えておいた方が良いでしょう。

 

錠剤の形状

 

ファイザー製薬のバイアグラの錠剤の色はブルーで、片面に「Pfizer」もう片面には「VGR100(含有量)」と刻まれています。 正規品と偽造品の色味を並べて比較してみると偽造品の方が少し明るめブルーに映ります。 刻まれた文字についても、その強さや鮮明さには差が生じます。

 

また、錠剤の厚みについても差があるのですが、目視では分からないくらい微妙な差であるため比較は難しいでしょう。 他にも、錠剤の溶け方についての違いを挙げることができます。

 

正規品の場合、水に溶かしてみると約1分後には溶け始め、2分後には砂糖の山のようになり形状を保ってない状態まで溶けていきます。

 

一方偽造品の場合、その殆どが3分後にようやく溶けだすような状態で、中には10分経っても原形を保っているようなものもあります。 酷い場合には、溶ける途中から不純物が浮き上がってくるようなものもあります。 水に溶かした場合でもその水を飲めば効果は得られますので、一度溶かして確認してみるのもお勧めです。

 

安心して利用できる輸入代行を選ぶ

 

バイアグラの偽物と本物を見分ける方法は幾つかあるものの、現実的には正規品と偽物を入手した上で比較しないと、その違いについてはよく理解できない面があります。

 

見た目だけでは見分けが付きにくい分、インターネット上に掲載されている情報だけでは全てを把握することはできません。

 

だからこそ、バイアグラを安心して購入できる、確かな輸入代行業者を選ぶことが大切です。

 

個人輸入の輸入代行業者は沢山存在していますので、中でも次のようなポイントを抑えて利用ショップを選択してみてください。

 

『会社の実績と信頼性』 『クレジット決済可能』

 

また、実際に対面することのない通販であるだけに、問合せに対する対応がしっかりしているかどうかも大きなポイントのひとつとして抑えておきましょう。

ED治療薬 ジェネリック