バイアグラ通販の注意点

MENU

バイアグラ通販の注意点

医療機関の処方以外でバイアグラやバイアグラジェネリックを購入する場合は個人輸入、つまり輸入代行業者を利用することになります。 個人輸入であれば、医療機関のように診察や検査で費用をかけることなく、同じ効果の薬を低価格で購入することができます。 但し、代行業者の利用についてはデメリットも生じます。

 

代行業者を利用してバイアグラを購入する際注意したいのが、バイアグラの偽物の存在です。 インターネット上のショップでは正規品に似せただけのいわゆるコピー商品が横行している現実があり、代行業者で売られているバイアグラの半分以上は偽物だとさえ言われています。

 

カマグラゴールドといったバイアグラジェネリックの場合は、元々の価格がバイアグラの半額以下であるために偽物の流通は少ないと言われていますが、人気商品だけに偽物を掴まされる可能性は大いにあります。

 

また、輸入代行の通販の場合、万一偽物を掴まされることがあっても返品ができないのも大きなデメリットです。

 

直接の契約当事者は消費者と海外の事業者となるため、輸入代行業者に対してはクーリングオフの主張ができないシステムとなっています。 医師から処方された薬や国内で市販されている薬であれば、適切に使用した上で生じた重篤な副作用については「医薬品副作用被害救済制度」が適用され治療費等が保障されます。

 

ですが、個人輸入はこうした保証についても一切対象外となりますので、何か起きても全ては自己負担となります。 ですので、輸入代行を利用する際には、偽物を掴まされることのないよう注意を払わなくてはなりません。

 

バイアグラの偽物の危険性

偽物の薬品の多くに共通するのが次のような内容です。

 

『本来含有するはずの有効成分が含まれていない』 『有効成分の割合が少ない、または多い』 『本来含有するはずの有効成分とは異なる成分が含まれている』

 

バイアグラの海外規格は含有量100mgですが日本で認可されているバイアグラは50mgであるため、日本のユーザーは100mg錠剤をピルカッターで半分にして服用しています。

 

ただ、バイアグラの偽物は海外規格の含有量100mgのものに多く、偽物である場合には主成分・クエン酸シルデナフィルが10mg~400mgと含有量にばらつきがあり、不衛生な状態で製造されています。

 

例えば、偽物の含有量10mgだったとすれば、まだ効果が無かったと思うだけで済むところですが、偽物の含有量400mgともなれば何らかの健康被害が起こる可能性は非常に高く、場合によっては命の危険性まで考えられます。

ED治療薬 ジェネリック