バイアグラ

MENU

バイアグラの価格

病院での処方

 

日本国内においてED(勃起不全)治療は、健康保険適用外の自由診療です。 このため、受診費・薬代(バイアグラ自体の価格)は全額負担することになります。

 

また、自由診療の場合、受診費・薬代とった費用は医療機関によって設定が異なるため、バイアグラ自体の価格にも差が生じます。 平均的な金額は以下の通りです。

 

初診料+検査料=5,000円~25,000円

 

薬代(バイアグラの価格)=1錠あたり1,500円~2,000円

 

再診料は不要となる場合が多く、2回目以降の受診費は若干安くなる傾向にありますが、初診は最低でも6,500円~の費用がかかることになります。

 

また、日本で処方されるのはバイアグラの主成分・クエン酸シルデナフィルの含有量も50mgまでが限度です。 海外の場合には含有量100mgも販売されていますが、欧米人と日本人では体格や体力に差があることが考慮されています。

 

個人輸入代行での購入

個人輸入代行業者などを利用して購入する場合は、医療機関のように初診料や検査料がかかることもないためコストを抑えることができます。 また、バイアグラの価格自体は医療機関と大差はありません。 個人輸入の場合も業者により価格は様々ですが、平均的な金額次の通りです。

 

1錠あたり2,500円~4,000円

 

日本では主成分・クエン酸シルデナフィルは含有量50mgまでしか購入することができませんが、個人輸入代行であれば海外(アメリカ)のバイアグラを購入できるため、体格差といった問題は残るものの含有量100mgを選択することもできます。

 

また、100mgのバイアグラを購入した場合でもピルカッターで半分にすることで、日本で安全に使用するために認められている50mgを服用することができます。 ひと手間はかかりますが、50mgよりも100mgのバイアグラの方が価格を抑えることもできますので参考にしてください。

 

個人輸入代行業界では偽物が出回っていることも問題視されていますので、購入の際は信頼できる実績のあるショップを利用することをお勧めします。

ED治療薬 ジェネリック